文字サイズ

トップページ の中の 菊について の中の 摘芯の方法

摘芯の方法

●摘芯とは?

側枝を増やすために芽先を摘み取る作業のことです。

摘芯の時期や回数は、菊の種類や仕立てによって変わります。

●摘心のコツ

側枝を3~4本、きれいに揃えて伸ばすには7~8葉以上が展葉したら生長点のある小さな新芽を、

ピンセットなどで小さく摘み取ることです。

 また、小菊は側枝が伸びやすいので懸崖やスタンダード作りをするときは、摘芯を繰り返して枝数を

多くし、節間を短くしたい場合は先端部分を1~2㎝切り落とし、半分ほど開いた葉1~2枚を

切り落とすようにしてハサミなどで深めに摘芯をします。

●摘芯と養分の関係

 枝に十分な養分が蓄積され、草勢が強くなってから摘芯をしましょう。

十分な養分がないと、側枝が揃わない、脇芽が少ない、生長がよくない

といった事が起きます。

 摘芯を行う一週間ほど前に、2日におきに2~3回液肥などをやって、草勢をつけてあげましょう。

また、摘芯中も肥料等をたっぷりとあげて、勢いをつけることが大切です。

●摘芯の失敗例

1:摘芯した側枝がきれいに揃わず、勢いに強弱がある。

  →深く摘芯をしすぎたためです。または、栄養が不十分な可能性があります。

2:棒状に芽が伸びてくる。

  →摘芯が不十分なためです。伸びた芽を再び摘芯してください。

3:摘芯後の脇芽がすくなく、生長もあまりよくない。

  →摘芯が早く、枝に十分な栄養がいっていないためです。

菊の雫®

ワインとの融合により誕生した新しいリキュールをご紹介します。

サラダマムドットコム

食用菊の未来を広げる、生食できる新感覚の食用菊をご紹介します。

カーペットマムドットコム

菊の新たなカタチ。今まで見たことのない菊の未来をご覧ください。

豊幸園 楽天オンラインショッピング

豊幸園の誇る豊富な品種の菊をネットで直接ご購入いただけます

豊幸園 プレゼント企画

豊幸園の菊苗についているポイントを集めて素敵な商品をもらおう!


jQuery.event.add(window, "load", function(){ try { var pageTracker = _gat._getTracker("UA-16624487-1"); timeTracker._recordEndTime(); timeTracker._setHistogramBuckets([25, 50, 100, 500, 1000, 2000, 3000]); timeTracker._track(pageTracker); } catch(err) {} });