トップ 品種 会社概要 採用情報 お問い合わせ

●はじめに

 このページでは、薬剤散布について説明します 。

●丈夫に育てる!

 薬剤は病害虫に対して非常に効果的ですが、薬害の恐れがあるなどリスクも伴います。

そのため、できるだけ散布も少なくて済むように、育て方から気をつけていきましょう。

1:できるだけ日光に当て、風通しも良くする。

  →病原菌は暗く風通りの悪いところが大好きです。

3:チッソ過多にならないように、リン酸やカリとのバランスをとり、過肥にしない。

  →チッソ過多になると、縁枯れします。

4:微生物の多い土で健康に育てる。また、木酢や竹酢液を散布したり土壌灌注をする。

  →肥よくな土は菊の健康の源です。

5:土はねを防ぐために、不織布・わら等を敷く。

  →葉に土がつくと、そこから菌が繁殖したりします。

●薬剤散布はタイミング・時期を見計らって!

 薬剤散布は夕方に、風のない時に散布するのがベストです。夕方である理由は気温が高いと

薬害が発生する可能性が高くなるからです。また、風は近所などへ飛散するのを防ぐためです。

念のため、散布する前に連絡しておくとトラブル回避なるでしょう。

1:活動前に防除を

  1月に越冬している病原菌や害虫を駆除してしまえば、春からの発生が非常に少なくすみます。

  オススメは石灰硫黄剤を80倍と濃いめにして菊以外にも容器や棚にかけておくことです。

  様々な病原菌やカイガラムシ、ハダニに効果があるうえ、菊が半休眠状態なので薬害もでません。

2:梅雨に注意

  病原菌は雨によって水分を吸収することにより目が覚めます。そのため、梅雨の時期あたりから

  雨の日前後に殺菌剤、殺虫剤を散布しましょう。害虫の姿をが見えなくても油断は禁物です。

  6月から月1回のペースで殺菌剤と殺虫剤を混合して散布するのがオススメです。

3:8月はダニ退治

  高温になると病原菌は休眠します。その代りに、ハダニが発生するようになるので殺菌剤の代わりに

  殺ダニ剤を散布するようにしましょう。

4:涼しくなれば再び病原菌対策!

  涼しくなるころには、病原菌も再び目覚めて活動します。また、ハダニの警戒もまだ必要なためそれぞれ

  殺菌剤、殺虫剤、殺ダニ剤を混合して散布しましょう。

●薬剤散布の注意事項!

 同じ農薬を使い続けると、病原菌や害虫、ハダニに耐性が付いてきます。最低でもそれぞれ3種類づつ

薬剤を準備し、ローテーションを行うと効果的に長く防除できます。また、最後の手段として一番効果の

あるものは使わずにいざという時まで取っておきましょう。

 薬剤のかけ過ぎはかえって薬害となり、葉の周縁が枯れてしまいます。散布する際には、

病害虫の発生しやすい葉の裏側を中心にかけ、表面は軽くつく程度で大丈夫です。



ここであげたものは、あくまでも一般的なものです。

薬剤の使用は、市販されている薬剤の注意事項をよく読んでご使用ください。


Copyright © 2004 HOKOEN. All rights reserved.

※当社に無断で写真などの転載を禁止いたします。